犬と呼ばれたおとこ

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ!ニャイダーハウスへ

<<   作成日時 : 2011/05/23 10:52   >>

かわいい ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

噂のニャイダーハウスへ行ってきました
ブログで余計なコメントをしてしまったので
店長さんへのお詫びも兼ねて( ̄▽ ̄;)

ニャイダーハウスは何度かブログで紹介した
ツキネコカフェの姉妹店ですがシステムが少し違います

ニャイダーハウスのシステムは
いわゆる一般的な猫カフェに近いシステムです

ただし、ここに居る猫達は保護猫や
動物管理センターから引き出された猫達です

まずは料金システムの紹介

システム(お時間制となります)
30分 ¥600
1時間 ¥1000
2時間 ¥2000
共通フリーパス ¥3000(最大4時間まで)

延長10分 ¥200

小学生以下半額、3歳以下無料です。

全てのコースでツキネコカフェ、ニャイダーハウスをご利用いただけます。
お時間厳守でお願いしており、こちらから時間のお知らせはいたしません。

お飲み物は全てフリードリンクとなります。
お飲み物のみ持ち込み可能(アルコール不可)、食べ物の持込不可

色んなサービスつきのポイントカードを発行いたします。
ポイントがたまるごとに、お得なサービスをご用意しています。


私も、もちろん入場料を払って入りました
先週末はメディアに紹介された直後だったこともあり
入場制限しなければならないほどの激混みだったそうですが
この日は雨だったこともあり私の他に2〜3組のお客様がいらっしゃった程度

雨だったので猫達はぐーすか
画像
カゴの中に子猫ぎゅうぎゅう
たぶん白猫3 奥に黒猫1





店内の壁には注意書きがいたるところに貼ってあります
入ってすぐに置いてあるテーブルの上にも注意書きが置いてあるので
まず最初に読んで下さいね
画像





特に写真撮影でのフラッシュは絶対にしないで下さい
画像





私がお邪魔したときはそのようなお客様は居ませんでした
むしろ私が寝てる子猫の写真を撮っていると
「あれ?写真撮ってもいいの?」とスタッフさんに聞いてました

スタッフさん(じつは無償ボランティアに来た方)が
「フラッシュを使用しなければいいですよ」と答えてました

寝てる猫を無理に起こしたり
無理矢理ポーズをとらせたりせずに
そっと撮るのはOKです

では、そっと撮った写真をダダッと載せます
画像
寝てます




画像
みごとなチョビヒゲ寝てます




画像
クッションにハマって寝てます




画像
トイレに団子になって寝てます
この子達はまだ生後2〜3週間で
デビュー前なのでスタッフオンリーの別室にいます
元気に育って早くデビューして欲しいですね
※追記
先程、無償ボランティアに来てた方のブログで知りました
1匹虹の橋を渡ってしまったそうです
他の子達も急変し予断を許さない状態のようです。

トイレに行く途中のヒョウ柄の毛布を被せてるケージ内に居ます
来店の際、トイレに行くときは毛布をめくらずにお祈りだけしてあげてください





この子達のお母さん
画像
綺麗な黒猫でとても人馴れしてます
育児中でちょい痩せてますが
育児が終り体調が整えばいつでも里親さんのところに行けそうです





生後2ヶ月未満くらいの子達は
店内に居ますが安全のためケージの中に居ます
画像
見てるだけで癒されるわ〜




とんでもなく可愛い場面に遭遇
画像
この世のものとは思えない可愛さ





画像
♪こと ばにできなぁい




そして食欲のない猫ちゃんにミルク注入にも遭遇
画像
写真撮ろうとカメラを構えていたら
店長さんに「ちょっとこの子、持ってて」と子猫を渡され
ちょっとドギマギしながら抱っこしました

しばらくデカい猫しか抱っこしていなかったので
子猫の抱っこの仕方忘れたよ

更に、この後 ヒヤっとする事がありました
画像
ハチワレーズ
一番 右端に居る子を見て
店長さんが「あれ!なんかぐったりしてない?」
「寝てるだけ?」とツンツンしてみるも全く動かず

首根っこを掴んでゆすっても全く動かず
私も恐怖と焦りに包まれ自分の体が冷たく感じてきたころ
子猫の目がパカっと開いて前脚をのび〜

爆睡してただけかよっ!
店長さんとスタッフさんと私で「起きなさすぎ


子猫はさっきまで元気でも突然・・・てことも多い

朝、お店に来たら動かなくなっていたなんてこともある

子猫はあまりに小さく病気を早くに気付けないこともある
「もっと早くに気付いてあげれていれば・・・」
いつも店長さん、スタッフさん、ボランティアさんは
その後悔の気持ちと戦いながら活動を続けている

行き場の無い猫達が後ろに大勢待っているから

ハートの強さに頭が下がりますm(__)m



なんて事をしていたらお客様も増えてきて
子猫達も起きてきました
画像
ワラワラ




画像
オッドアイの白猫
ちょっと分かりにくいけど
向かって左目が黄色 右目が水色です



この子のお母さんもオッドアイ
画像
なんだけど寝ていて写真撮れず



全く違う柄だけどこの子と姉妹だそうです
画像




写真はありませんが「にゃーこ」という猫ちゃんにおやつをあげました
「ちょーおやつ食べたい」って顔をしていたので
スタッフさんに声を掛けておやつを買いました

おやつは150円で販売してますが
体調管理のため一日の販売量に制限があるので
スタッフさんに声を掛けてください

基本おやつは大人猫用なので
子猫にはほんのチョット、米粒くらいか
手に付いた汁を舐めさせる程度にして下さいね

寄ってきた子猫に手に付いた汁を舐めさせたら
「もっとよこせ!」とかじられました
子猫の歯の感触 懐かしかった〜
ちょっと噛んだだけでも歯が細いからチクっとするのよね


雨の日は猫達が寝てることが多いですが
子猫の寝てる写真をそっと撮りたい方は
雨の日がオススメですよ

以上、ニャイダーハウスレポでしたm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ニャイダーハウスレポありがとうございます!!
どんな感じなのかわかりやすくて、猫ちゃん達もかわいくて、見ていてとっても行きたくなりました。
猫ちゃんを観に行くだけでもいいんですよね?
ウチからはちょっと遠いのでなかなか行けそうにないけれど、いつか行けたらいいなぁーって思ってます♪
ボランティアの皆さんや、店長さんの猫ちゃん達に注ぐ愛情は計り知れないものがあるなーといつも感じています。
かよ
2011/05/23 15:49
猫カフェのような感じなのですね〜
これなら 入りやすいかも

ピエールを飼う前に 里親さんのHPとかで子猫を探したのですが なかなか近隣で(車を運転しないため)子猫を保護している方が見つからず 諦めてしまいました

チョビ髭のニャンコ ミルクの前に飼っていたちょび君にソックリです(懐かしいです)

実家では 畑で生まれて育児放棄された子猫を飼い始めたそうです
やはり 猫のいない生活には耐えられないらしいです(笑)
みるしっぽ
2011/05/23 16:29
かよさんへ
もちろん猫達を見に来てくれるだけでもOKです
入場料が猫達のケア代になりますから
札幌に来たとき時間があれば寄ってみて下さい
ちなみに営業日は木曜〜日曜です。

ポン吉はカフェ出身ではありませんが
こちらの店長さんが保護してくれた猫です。
我が家への縁を作ってくれた店長さんボランティアさんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです
チャペママ
2011/05/24 10:54
みるしっぽさんへ
私も麻呂を飼う前に里親を募集してる子猫を探したんですけど見つからなかったので
ツキネコ&ニャイダーのような保護活動を目的としたカフェがあれば猫を飼いたい人間サイドも助かりますよね

チョビヒゲの猫ってホント可愛いですよね
やっぱり名前は「ちょび」になってしまうんですね

あ、お父様が「もう、猫は・・・」と言ってたのに
やっぱりまた猫を飼うことにしたんですね
Shimaさんのブログに載ってるのかな?
後で見に行ってみます
チャペママ
2011/05/24 11:05
この子たちは里親さんを待ってる猫ちゃんたちばかりなんですか?
それともここのスタッフ猫ちゃん?
里親を待ってる子…ですよね?
みんないい飼い主さんが見つかって幸せになって欲しいですね。
TAMO
2011/05/24 23:28
TAMOさんへ
みんな里親さんを待っている子達です。
ただ、今現いる子猫は月齢がみたないのですぐに渡せる状態ではないです。
店名の「ニャイダーハウス」はライダーハウスとかけて
ネコ達が定住することなく里親さんが見つかるまでの間、
ケアしたり人の愛情をたっぷりかけてあげる場所
だそうです
みんな「ありがと、バイにゃ〜」と里親さんの元に走り去ってくれたらいいですね
チャペママ
2011/05/25 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ!ニャイダーハウスへ 犬と呼ばれたおとこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる