犬と呼ばれたおとこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポン吉との出会い 最終話

<<   作成日時 : 2011/01/18 16:12   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

昨年の9月19日
お屋敷レスキュー隊員のLucyさんに案内をしてもらい
初めてお屋敷にお邪魔しました

まずはポン吉以外の猫達にご挨拶

あずきなじぃちゃん
画像
超富士額のヅラを被ったおじぃちゃん猫
お屋敷の猫で数少ない人間大好きなおじぃちゃん

「なぁ〜ご、なぁ〜ご」言いって自分からスリスリ
目が見えていなとのことですが
そんな事を微塵も感じさせない動きで
真っ直ぐ私の方へ「撫でろぉ〜」とやってきました
画像
「このままスリッパで寝ちゃえ〜」
か・・・かわえぇぇ

もしタイミングが少しずれていたら
家にやって来たのは あずきなだったかも

そして人見知りーず
お屋敷のアイドル まいたけさん
画像
このヒトは体型といい表情といい
味があってファンも多数


お屋敷のボス らくよう(ハチワレ)と
その愛人 よつば
画像
私を警戒して高いところに逃げたので
足をプルプルさせながら背伸びをして撮影

よつばは先日里親さんが決まりました
お屋敷の男達はよつばが居なくなって
魂の抜けたような顔になってしまいました

男達には可哀想だけど
虚弱体質のよつばには一緒に暮らしてケアしてくれる
飼い主さんが必要なので我慢してもらいましょう


そしてついにポン吉とご対面
画像
ケージ越しなのにビビり全開


画像
Lucyさん撮影 私と旦那


軽い猫アレルギーの旦那は
この時点で目が赤くなってクシャミ連発
息子と先に車に戻りました

Lucyさんに「触っても大丈夫ですよ」と言われ
ケージの上段入り口を開けてナデナデ
体を撫でながら徐々にホッペに手を移動させて
ホッペさわさわ

顔や頭を触られるのは嫌がってたけど
触っても噛み付いたり引っ掻いたりとかはしませんでした

今すぐにでも連れて帰りたかったけど
一応、旦那に相談してから決めますと
Lucyさんに告げてお屋敷をあとにしました

じつは、この日は以前紹介したツキネコカフェのオープンの日
車でツキネコに移動して再びLucyさんと落ち合う予定だったので
その移動中に旦那に相談
ここまできたら後はゴリ押しです

私「ねぇ、どう?どう?」

旦那「どうって、目チカチカしてよく見れなかった」

私「見た目なんてどーでもいいんだって
  ポン吉の一時預かりどう?」

旦那「まぁ、ケージ暮らしは可哀想だし
    麻呂が受け入れるならいいよ〜」

キター!!!!
OKキター!!!

ツキネコに着いたらまずは店長さんにご挨拶
今までネットでのやり取りだけだったので
「怪しい人じゃないですよぉ」とアピール

そしてLucyさんに「一時預かりの方向でお願いします

Lucyさん「え?旦那さんゴリ押しされてないですか?

旦那「・・・ハハハ(苦)大丈夫です

この後のことは有頂天になっていて
正直あまり覚えてません

ただ、ポン吉が快適に暮らせるよう
まだまだ部屋の改装が必要だったため
改装が終わったら連絡しますと伝えたのは覚えてます

帰りの車で旦那が
「麻呂が受け入れるなら そのまま飼ってもいいから
 そのかわり猫にかまけて家事サボったりしないように」

こんな基本的な注意をされてしまうほど私はダメ人間なのです
でも、私しだいでポン吉とずっと暮らせるなら頑張りますよ

あとは麻呂しだい・・・・
その麻呂さんですが帰宅すると
いつも通りに「お帰りぃ〜」とお出迎えするも
すぐに「」となって私や旦那や息子の臭いを嗅ぎまくり

何かを察して「シャー!!!!
旦那や息子が撫でても何も言わないのに
私が触ろうとすると「シャー!!!
ノー
画像
※じつはこの写真 ポン吉さんを連れてきてくれた
 Lucyさんを威嚇してるときの写真


そして全く目を合わせようとしてくれません
画像



麻呂に「シャー」言われ避けられてる私を
旦那は「ザマ見ろ」的な顔して笑ってました


麻呂はこれ見よがしに私の前を行ったり来たり
でも触ろうとすると「シャー
そして目を合わせない

結局この日は寝るまでその状態でした

画像
麻呂「私のカンは間違ってなかった」


麻呂の反応を見たら前途多難な感じでしたが
実際ポン吉が来たら思ったほどの拒否ではなかったので
現在に至ってます

一応、旦那とは「雪解けまでは一時預かり期間」
の約束なのでポン吉はまだ正式に家の仔になってません

なんとか雪解けまでに麻呂ともう少し仲良くなって欲しいです


最後まで読んでくれた皆様、ありがとうございます
もう少し簡潔にまとめたかったんですけど
書いてるうちにどんどん思い出が蘇ってきて
結局全4話になってしまいました
(これでも途中だいぶ省略したんですよ)

長々と思い出話に付き合っていただき
ありがとうございました


猫のお屋敷の残りの猫達は
一時預かりを除けばあと3ニャンです

札幌市|飼主行方不明で取り残された21匹の猫達
どうぞよろしく

らくようの後ろに居るのが
先日里親さん決まったよつばです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや、麻呂ちゃんの敏感さにただただ
驚きました。凄いねー。シャーってねー。
よくわかってるよねー。ポン吉ちゃん、このまま
うまく馴染んで麻呂ちゃんとの距離も縮まって
いくとイイですねー。ポン吉ちゃんがずーっと
居れるように祈ってますねー。
ハリーママ
2011/01/18 20:59
同感です!
怖いと思った麻呂ちゃんだけど、その嫉妬心も可愛いですよね。ご主人を思えばこそのヤキモチだし。
旦那さんは猫アレルギーだったんですね。その旦那さんがOKを出した勇気に拍手です
2匹の距離がもっと近づきますように
TAMO
2011/01/18 23:30
ハリーママさん
麻呂が私にシャーするのはよっぽどの時(病院とか)なので
よっぽど腹立ててたみたいです
「ポン吉が来たらご飯食べなくなったりするかも」と思ってたけど
意外にそれはなかったので敏感なのか鈍感なのかよく分からないヒトです
ポン吉も敏感なのか鈍感なのかよく分からないヒトなので2ニャンがお互いをどう思っているのか
人間の私にはサッパリ分かりません
チャペママ
2011/01/19 10:57
TAMOさん
麻呂の凄いところは他の猫を「ただ見てきただけ」のときは別に怒らないんですよ
でも、自分の真下にいるポン吉を探していたりもする
ホント、敏感なのか鈍感なのかよく分かりません

旦那は猫アレルギー+喘息なのでポン吉への耐性ができるまでは薬を飲みながらの生活です。
旦那にはホント感謝してます
ポン吉が来てからはなるべく発泡酒じゃなくて本物のビールを買ってあげるようにしてます
チャペママ
2011/01/19 11:05
ポン吉との出会い 全話 読みました!
チャペママさんの 家に ポンちゃんが 行くまで 時間が かかったんですね

ポンちゃんって お屋敷にいるときから おとぼけの顔だったんですね かわいいです 他にもたくさんいたなかで ポンちゃんに
引きつけられたのも 何かの縁なんでしょうね
私は 猫はにがてでした 主人の 実家に猫がいて ず〜とかわいいと 思ったこと なかったです(外に出していたので きたないと まで思っていました。それが 5匹もいるんです)
それなのに 縁あって今の猫を 飼いだした時は
不思議がられましたけどね 
麻呂ちゃんも そんなに ポンちゃんのこと いやで ないと思います ほんとに いやなら 
ず〜と ケンカしてますよ 
一時預かりとは言わないで ポンちゃんを チャペママさんっちの 子にしてください 
チャッピーのママ
2011/01/19 12:18
長い時間をかけてポン吉くんを迎えたんですね。
良かったねぇポンちゃん。あと一息、ちゃんと「おうちの子」になってね。
それにしてもご主人は出来た人ですね〜〜。

麻呂ちゃんがちょっとアレですが…ウチにもアイドルの座を奪われてからずっと拗ねてるのがいるので…大丈夫。猫同士は折り合いつけて行きますよ。
ただ、私のことは未だに許してくれてない様です
テトラ
2011/01/19 12:47
チャッピーのママさん
うちの旦那も猫嫌いだったんですよ
アレルギーってものあるけど
性格的にダメだたし、やっぱり毛とか汚いと思ってたみたいです
でも今はポン吉の毛だらけのスウェット履いてます
私の方がアレルギーならんだからコロコロしなさいよと注意してます
それにしても縁とは不思議なモノですね

一応、旦那との約束があり一時預かりとしてますが
私の心はもう決まってます
チャペママ
2011/01/19 13:12
テトラさん
旦那はちょっとクセのある人だけど
絶対に口約束をしないので結婚しようと思いました
ぶっちゃけると私はバツ1で「二度と結婚はしない」と思ってたんですけどね
これも不思議な縁です

たぶん麻呂も一生納得はしないと思うけど
徐々に慣れていくと思います
何かポン吉が麻呂のピンチを救うような事が起きれば一発で受け入れるんだけどな
まぁ、そんな事はそうそう起きないので地道にいきます
チャペママ
2011/01/19 13:22
本当に感慨無量のお話でした。

すてふぁんさんは一番最初にお屋敷に足を踏み入れてくれて、要所要所で手助けしてもらっているので、気持ちは同じなんですよ。

頭からウンチかぶった仲間なので(笑

ポン吉を保護した時、正直後悔してリリースしようという話も出たくらいなので
こんな展開になったのは夢のようなんです。

ひとつ面白いのは、捕獲の仕方
捕獲器ではなく、原始的にドアに紐を結んで
ひっぱって閉めたんです。
コレは一緒にやったTちさんと大ウケでした。
そんなマヌケな方法で捕まったポン吉
いとおしいですネ

しかし麻呂ちゃんの美しさとあの怒りの顔のギャップ
私的にはツボなんです。
りんだ隊長
2011/01/19 13:29
りんだ隊長
あ、りんだ隊長!いいところへ!
ツキネコブログにコメント入れても反映されないんですよ
今度の土曜か日曜にやぎ兄さんの編ぐるみ届けに行きますね

すてふぁんさん、レスキューブログでお名前を拝見してたのでコメント頂いたときすぐに分かりました
最初のお掃除してるときの写真はもうバイオハザードレベルないでたちでしたもんね

すてふぁんさんやアンニンさんから頂いたコメントからもポン吉の人馴れしてなかった状態が伝わってきました。
今、家にポン吉が居るのはレスキュー隊員の皆様と最初に一時預かりをして下さったM&Tさんのおかげです

ポン吉・・・面白すぎ
たぶんこのマヌケさが大勢の方から愛される理由なんでしょうね

麻呂のこの怒り顔は私では写真に収められないので貴重な一枚です
Lucyさんありがとう
チャペママ
2011/01/19 14:13
「ポン吉の波瀾万丈物語」
あ〜〜〜〜〜面白かった♪♪
ハラハラドキドキ、ちょっとした短編小説を読んでるようで、
通勤電車の中で一気読み!!

隊長も言ってるけど、ポン吉を保護したはいいが、
M&Tさんが現れるまでは、本気で後悔した事も数回…
もうだめだ、去勢して外に離そうと言った事も数回…(笑

M&Tさんが現れた時は、
「ありがたく貴重な奇特な人が現れた!!」と大喜びし、

ちゃぺままさんが現れた時は、

「まじで?? うっそー!!
あのロシアンキャットは無理じゃない??
うちのウメより神経質そうだよ!」と言った私。


何でも最初から諦めたらダメですね。
ポン吉はどんどん甘えっ子になるし、
マロ姉さんも予想外に暴れてないし(笑)


よーし、今日もがんばろー!!
アンニン
2011/01/20 09:28
アンニンさん
ハハハ、家に遊びに来て麻呂に威嚇されたことのある人達は口を揃えて「麻呂が受け入れないんじゃないの?」と言いましたよ
でも、人間の子供には威嚇しない優しさと
神経質なわりに鈍感なところがある麻呂なので可能性はあると信じました

そしてポン吉を通して私は「諦めない大切さ」を30代なかばにして学び、
お屋敷ブログやwishさんのブログを読んで
今まで逃げの姿勢だった私の考え方も変わりました。
本当にポン吉との出会いは私にとって宝となりました
ポン吉にかかわった全ての人に感謝です
チャペママ
2011/01/20 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポン吉との出会い 最終話 犬と呼ばれたおとこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる