犬と呼ばれたおとこ

アクセスカウンタ

zoom RSS ポン吉との出会い 第3話

<<   作成日時 : 2011/01/17 14:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

出戻り時に病院で診察を受けるポン吉
画像
歯食いしばってるみたいで可愛い


ポン吉の出戻りを知った夜
旦那に様子を見ながら話してみました

「ポン吉は若くて健康だけど
お屋敷のらくように嫌われていて
隔離生活になるし、これから冬だから
寒い間だけでも一時預かりをしたいな

と、ポン吉の可哀想さをアピール

お腹に虫が居たこともあり
隔離生活をしていたポン吉さん
画像
お屋敷の工作員コビッツ氏が改良したケージで
スペースも十分あり実際は快適そうでした




旦那「・・・・麻呂はどうするの?
    アッサリ受け入れるとは思えないよ

待ってました!その質問

「今、物置部屋になっている洋室を片付けて
 まず、そこをポン吉部屋としてスタートさせて
 ポン吉に家に、麻呂はポン吉に
 徐々に慣れてもらえるようにしようと思ってるんだ」

旦那「片付ける?誰が?

「もちろん私がよろこんでー!

旦那「・・・ふーん

このとき「いい」とも「ダメ」とも返事はもらえなかったけど
次の日から勝手に部屋を片付け始めました。

洋室の他にも納戸やクローゼットも整理
引っ越してから一年近く経過しても
うやむやにしてた荷物も開けて整理

その様子を見ていた旦那が
「俺、まだいいって言ってないよ

私「うん、ダメでもいいの
  でも、部屋の片付けはいつかやらなきゃならないことだし」

旦那「・・猫・・後ろ向きに検討します」

ヤッター
作戦成功!旦那は無欲に弱いのだ

後ろ向きとはいえ「検討」という言葉を引き出せたのは初めて
待ってろぉ ポン吉〜
次の日から、黙々と部屋を片付け
ついでに衣替えもして息子の服やオモチャも淘汰

旦那に「お屋敷にポン吉見にいくだけ行ってみようよ」
私に行動で意思を示された旦那は断れず
「見に行くだけだぞ、まだ飼うって決まってないからな

ほい ほ〜い
旦那は実際に見てしまうと情が移るので
第一関門は突破したもどーぜん

初めてお屋敷ブログでポン吉を知ったのが3月
そしてやっと旦那を説得できたのが9月
じつに足掛け6ヶ月、長かった

早速、お屋敷のレスキュー隊員さんに連絡
画像
嫌な予感がするのか
ポン吉の件でメールをしている私を睨む麻呂

第二関門は突破できるか?
次回はお見合い時のポン吉と
お見合いから帰宅したときの麻呂の反応です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてポン吉くんに会って、6か月もかかった
んですねー。ママさん、頑張りましたねー。
ご主人の性格をよく知ってるママさんだから
こそ、出来た事かもしれませんねー。
ハリーママ
2011/01/17 19:23
なんでかしら
すでにここまでで
私の目頭があっつくなっ・・・
うっ
うぅぅ
泣けるぜーー
いや泣かせないでー
ううんいいの泣かせてーー
↑どっちだよ めんどくせーなっっ
すてふぁん
2011/01/17 19:57
気持玉の「なるほど」リンクしないで張っちまいました…。

この6ヶ月って長いですけど、きっと必要な6ヶ月だったんですね。旦那様より麻呂ちゃんの説得の方が大変そう…。
しかし…写真の麻呂ちゃん…怖い
TAMO
2011/01/17 21:35
ハリーママさん
私は面倒臭がりで飽きっぽくて諦めも早いんですけど、
猫のことにだけは粘り強く努力するんです
旦那はB型でゴリ押しすると「絶対ダメ!」となるんですけど
その代わり「検討する」と言ったらちゃんと検討してくれるし
一度「良し」と言ったら喘息の症状が出ようと撤回しないのです
チャペママ
2011/01/17 22:42
すてふぁんさん
ええ!そんなにイイ話ですか?
あんまり自分では分からないんですけど
でも、お屋敷の猫達にはそれぞれ泣けるエピソードがありますよねぇ
私はぐっちゃんが最終的にみ〜やんさんの仔になったのを読んで泣きました
あと、旦那を説得してるときにうどじぃが旅立ち
皆さんに囲まれてるうどじぃを見て号泣
お屋敷の猫達は大勢の人達に思われてる幸せな猫達ですね
チャペママ
2011/01/17 22:53
TAMOさん
私もよくやります
ログインしてるつもりで先走って気持玉押したら無記名になっちゃたよですよね

いや、ホント仰るとおりで必要な6ヶ月だったんだなと思います。
息子も2歳から3歳になって言葉で説明すれば分かるようになったし、我慢ができるようになったので(ある程度だけど
そう、問題は言葉で説明も説得もできない麻呂嬢なんですよね
怒ってる麻呂はわが愛猫ながら怖いです
チャペママ
2011/01/17 22:59
なんだか、ワクワクする話ですよね。
毎日楽しみに読んでます。
長期戦の戦いだったんだねえ^^
タフィー104
2011/01/18 06:45
タフィーさん
そう言っていただけると嬉しいです
長々と文章を綴っていて「誰も読んでくれないんじゃないか?」と思ってました
旦那は気難しいワケではないんですが、
なんというかクセのある人なので
ボタンを押し間違えると心の扉をガッチリ閉めてしまうので慎重に挑みました
チャペママ
2011/01/18 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポン吉との出会い 第3話 犬と呼ばれたおとこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる