犬と呼ばれたおとこ

アクセスカウンタ

zoom RSS 帯広の素敵な猫カフェ

<<   作成日時 : 2010/12/14 15:24   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
ポン吉「今日のブログは文章多めだぜ、覚悟して読みな」


北海道帯広市には素敵な猫カフェがあります

いわゆる血統書付きの猫がいる猫カフェではなく

保健所からの引き取りや一般の方からの
依頼を受け、里親さんを探す活動をしている猫カフェです

「Cat Cafe Wish」
http://catcafewish.web.fc2.com/

ただし、引き取り依頼の場合
無条件で飼育できなくなった猫や
拾った猫を引き取ってくれる訳ではありません

健康診断・ワクチン・去勢避妊手術・血液検査
その猫にかかる飼育料の全てを依頼主さんに負担していただきます。

中にはこの条件を聞くと怒って帰る人もいるそうです

しかし、猫も人間も霞(かすみ)を食べては生きてはいけないのです

あと、最悪なことに黙って玄関先に猫を置いていく人もいるそうで
その場合、店長さんは警察に通報します。

「キビしい」と思う方も居るかもしれませんが
このような保護を目的とした猫カフェを長く運営するためには
毅然とした態度を取ることが必要だと私も思います

先ほども言いましたが猫も人間も霞を食べては生きられないのです

経済的に圧迫する引取りをしてしまうと
ここにいる全ての猫達が結果的に困ることになるのです

私がブログで「Cat Cafe Wish」を紹介したばっかりに
猫を玄関先に置いていく人が現れたら困るので
いきなりキビしい書き出しになりましたが
キビしい話はここで終了です


私がこちらの猫カフェ「Cat Cafe Wish」さんを知るきっかけは
ポン吉の出身のレスキューブログでした
画像
そうお前
また顔になんかめり込んでるよ

「Cat Cafe Wish」さんの保護活動ブログを読み
http://catcafewish.web.fc2.com/
(ホームページから見れます)

すぐに旦那に「帯広に連れて行け!」とお願いして
今年の夏に連れて行ってもらいました。

人懐っこい猫や脱走を試む猫や
机から全く動かない猫など個性溢れる猫達がいっぱいで
私にとっては天国のような空間でした
画像
「撫でてぇ〜」と擦り寄ってきた猫ちゃん


帯広近郊にお住まいの猫好きの方は
ここを知らなきゃ損です!
是非、今すぐ遊びに行きましょう

ちなみに店長さんは猫並みの人見知りさんです(^m^)
勇気のある方は店長さんに声を掛けてみましょう

「なかなか遠くて行けないわぁ」という方は
ブログを読むことをオススメします
中には痛々しい写真もありますが
保護活動は綺麗事だけではないと
よく分かるリアルなブログです

そして猫を飼っている方なら
誰でも出来る保護活動の第一歩は
「今、飼っている猫を最後まで看取る事だ」
と気付かせてくれるブログでもあります。

長々と最後まで読んでいただいてありがとうございました
m(__)m



オマケ

久々にポン吉に引っ掻かれました
画像
最近あまり引っ掻かれることなかったんだけど
ポン吉のお腹のぜい肉具合を見ようと触ったら
バリっとやられました
だってポン吉のお腹、ユサユサしてるんだもん

画像





俺達のブログも宜しくね

札幌市|飼主行方不明で取り残された21匹の猫達
里親&一時預かり募集中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよねー、可哀相だからって
どんどん引き受けてたらそれこそ、運営
そのものが立ち行かなくなりますものねー。
日本のいや、世界の不幸せなネコちゃんが
少しでも減ればイイなとは思うけど、やっぱり
自分のネコちゃんを最後まで幸せにして
あげる事がまずとっても大切な事だと思って
ます。

あららー、ポンちゃん、引っ掻いちゃったの―?
ダメよー。。
ハリーママ
2010/12/14 19:59
>>ハリーママさん
そうなんですよね、金銭的にも人手的にも限界があるので全ての猫を引き受けるわけにはいかないし、
無条件で引き受けては保健所のように無責任なリピーターが現れてしまう可能性もありますしね
店長さんも目の前の猫を救いたい気持ちを抑えてつき返さなければならないので本当に辛いと思います
ポアンくんとハリーくんは名前の由来からして愛情を感じるのでとっても幸せですね

ポン吉は爪とぎが半分に折れるほどマメに爪を研いでるので切れ味抜群です
チャペママ
2010/12/14 21:39
まったくですね。動物を飼うことから何から全て、人間の都合でやってること。都合ではじめたことなら最後までというのは常識のはずですが、それができない人が増えているのも事実。悲しいことですね。生態系や、環境を破壊しているのは間違いなく人間の仕業ですから、動物や彼らを取り巻く環境を守ることに一人でも多くの人が意識を持つことは大切なことと思います。

ちょっと熱くなってしまいました…。

手、痛そうですね、お大事にしてください。
TAMO
2010/12/14 23:15
>>TAMOさん
いま、TAMOさんへの返事を長々と書いていたのに麻呂に「Esc」キーを押されて全て消えました
環境問題も無責任にペットを捨てる問題も一人一人が考えて行動すれば確実に減るのに・・・的なことを熱く書いてたんですけど、
ちょっと全文は思い出せない
私もこういう内容のときはいつも熱くなってしまいます。
ブログ本文も最初は倍くらいの長さだったけど、
あまり熱すぎて読んで貰えなかった困るので修正しました

いつもはポン吉の攻撃なんぞ余裕でかわせるんですけど、ちょっと油断したというか腹の肉に気を取られてヤラれちゃいました
チャペママ
2010/12/15 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
帯広の素敵な猫カフェ 犬と呼ばれたおとこ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる